投資と元本保証の特徴

投資と元本保証のことを知ろう

投資と元本保証の特徴とは

投資を行う際に、気を付けておくべき特徴として、それが「元本保証のものであるかどうか」という点です。基本的に、郵便局や銀行などで行われている「貯蓄」または「貯金」このようにお金を貯めていく、というものは「元本についての保証」がされています。そのため、「元本保証」のものであるので、例えば100万円を預ければ、そこにいくらかの利息がついて、お金が預けた人の元に戻ってきます。一方で投資などの場合には、例えば「国債」などもそうですが、途中で解約をしてしまった場合などには、預けたお金が全額戻ってくる、ということはありません。

元本保証の定義と投資

投資を行う際には出来るだけ高い利益を得たいと考えるものですが、同時に元手を失うリスクを出来るだけ抑えたいと考えるものです。その為、元本保証というキーワードに魅かれてしまう人も少なくありませんが、利益を得ようとする場合には元手を失うリスクを負ってしまうことは必須であり、その意味では決して元本が保証されることはありません。銀行預金であっても、そのお金を誰かが運用して利益を出そうとするものですので、損をしてしまうことも有ります。その為、投資に当たっては最悪の事態も考え余裕を持って行うとともにどの様な物であっても元本保証はあり得ないということを理解しておくことが大切です。

元本保証についての情報

↑PAGE TOP