投資における元本保証

投資と元本保証の関係について

投資と元本保証、金利の関係

投資を行う際には、金利にだけ、つい目が行きがちですが、これには注意が必要となっています。まず、「元本保証」というものが必ずある、というわけではない、ということを認識している必要があります。これは、なぜこのような保証がされていないのか?というと、例えば「投資信託」などの場合には、受け取れる金利がとても大きいものの、それとは別に不利益になることも多く、そのために、販売する銀行員などは、このことをしっかりと説明する必要があるのです。元本保証がない、ということは例えば100万円を託しても、50万円しか返ってこなかった、ということにもなるからです。ただ逆に、100万円を預けたら、もっと大きな金額になって返ってくる、ということもあり得ます。

投資における元本保証

元本保証とは、全運用期間において元本の額が減らないことを金融商品に保証し、支払時には元本が満額支払われることを保証するものです。投資においては、リスクを取る分だけリターンがあると言われていますし、保証を担保するために預け先も無理な運用はできませんので、保証のある商品は安全性は非常に高くなりますが、リターンも当然低いものになります。元本保証のある投資には、銀行預金、国債、保険などがあります。しかし、これらはその預け先が保証しているだけですので、もしこの預け先が破綻した場合には、元本割れすることには注意する必要があります。

元本保証についての情報

新着情報

↑PAGE TOP